西安市水务

朝阳水务

西安市水务

2020年2月17日、農研機構は、東欧やアジアで流行しているアフリカ豚熱(ASF)が二ホンイノシシにも感染することを発見した。
モデルとした二ホンイノシシにASFウイルスを接種したところ、4頭中3頭が死亡し残り1頭も瀕死の状態に陥ったことから判断したものである。
なお、一番早く死んだイノシシが、ウイルスを接種してからわずか5日で死に至ったことから、急性型であることが分かり日本での感染拡大、特に豚への拡大が懸念される。

朝阳水务

このASFウイルスは、イノシシの体内に入ると感染後4日程度で食欲不振に陥り、さらに1~2日後には死亡に至り、急性かつ重篤な症状を引き起こすことが分かる。
死亡したイノシシを解剖したところ、特に脾臓の黒色化と肥大、腹腔内リンパ節の変色が認められた。
症状としては、ASFウイルス感染豚と同様に、肺水腫、消化管粘膜からの出血、血液凝固不全がみられたが、糞便からもウイルスが認められることから拡大するスピードも速いと予想される。

江宁区水务局

現在、豚コレラの拡大が終息傾向にあるが、代わりにこのASFウイルスの拡大が懸念されている。
もともと豚はイノシシを品種改良させたものであるため、イノシシで流行する疫病は豚にも感染するといわれている。
感染拡大と死ぬまでの期間が短いことから、養豚場での感染が確認された場合、拡大スピードを考えると対策が取れないまま全滅も想定され養豚業者の死活問題となる。
(画像はプレスリリースより)

朝阳水务

農研機構
https://www.naro.affrc.go.jp/

南昌市水务局

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ