华科热能工程研究生

热能与动力工程测试技术 严兆大

热能工程主修课程

2020.02.27

アフリカ豚熱は二ホンイノシシにも感染することを発見 はコメントを受け付けていません。

豚への感染が危惧されている2020年2月17日、農研機構は、東欧やアジアで流行しているアフリカ豚熱(ASF)が二ホンイノシシにも感染することを発見した。モデルとした二ホンイノシシにASFウイルスを接種したところ、4頭中3頭が死亡し残り1頭も…

詳細を見る

西南交通大学热能工程

2020.02.20

飯田市など、持続可能な地域づくりに向けたモビリティの活用に係る基本協定を締結 はコメントを受け付けていません。

飯田ならではの新たなモビリティを活用2020年2月14日、飯田市、信南交通株式会社(以下、信南交通)および中部電力株式会社(以下、中部電力)は、「地域循環共生圏構築による持続可能な地域づくりに向けた新たなモビリティの活用実証に係る基本協定」…

詳細を見る

热能与动力工程职业规划

2020.02.20

久留米市、既存建物改修による「ZEB」実現と防災機能を追加した取り組みを開始 はコメントを受け付けていません。

平時は公共の業務を行い、非常時には地域の防災拠点として稼働2020年2月14日、備前グリーンエネルギー株式会社は、福岡県久留米市で実施された「環境部庁舎ZEB化改修工事設計等業務」(以下、同業務)の公募型プロポーザルにおいて、同社が選定され…

詳細を見る

热能工程毕业收入

2020.02.19

凸版印刷、鮮度保持と環境負荷低減を両立する食品包装システムを販売開始 はコメントを受け付けていません。

環境配慮や省資源化推進の機運が高まる2020年2月12日、凸版印刷株式会社(以下、凸版印刷)は、食品を完全に密封・真空パックできる「スキンパック」の台紙を紙素材に置き換え、「脱プラスチック」に対処した、新しいパッケージシステム「グリーンフラ…

詳細を見る

西南交通大学热能工程

2020.02.12

車載用リチウムイオン電池リサイクルのためのベンチスケール設備が稼働開始 はコメントを受け付けていません。

クローズドループ・リサイクルの実現に向けて2020年2月7日、JX金属株式会社(以下、JX金属)は、車載用リチウムイオン電池をリサイクルするためのベンチスケール設備(連続型小型試験装置:以下、同設備)を、日立事業所(茨城県日立市)内に設置し…

詳細を見る

什么是热能与动力工程

2020.02.05

理化学研究所などが、ディーゼル燃料用の触媒を開発 はコメントを受け付けていません。

第二世代バイオディーゼル燃料向け2020年1月28日、理化学研究所、自然科学研究機構分子科学研究所、中部大学、東京工業大学、九州大学は共同で、バイオディーゼル燃料用の触媒を開発した。この触媒は、第二世代とよばれるエネルギー効率の良い燃料の製…

詳細を見る

ユーグレナ、バイオ燃料製造実証プラント導入技術が国際規格ASTMの新規格を取得

2020.02.04

ユーグレナ、バイオ燃料製造実証プラント導入技術が国際規格ASTMの新規格を取得 はコメントを受け付けていません。

民間航空機に搭載可能な燃料と認定2020年1月31日、株式会社ユーグレナ(以下、ユーグレナ)は、バイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラント(以下、同実証プラント)に導入しているバイオ燃料アイソコンバージョンプロセス技術(以下、同プロセス…

詳細を見る

温室効果ガスを化学原料に変換する光触媒を開発

2020.02.04

温室効果ガスを化学原料に変換する光触媒を開発 はコメントを受け付けていません。

メタンや二酸化炭素を有用化2020年1月28日、東京工業大学、高知工科大学、九州大学、静岡大学の共同研究グループは、新しい光触媒の開発に成功したと発表した。この触媒は、光を照射するのみでメタンの改質反応を起こすことができ、従来のような加熱が…

詳細を見る

IoTで再配達を解消する宅配システムの実証実験を開始

2020.02.03

IoTで再配達を解消する宅配システムの実証実験を開始 はコメントを受け付けていません。

労働力不足やCO2排出量の増加等が大きな社会課題2020年01月31日、京セラ株式会社(以下、京セラ)と横浜市は、宅配の再配達解消を目的として、京セラが開発した「IoT宅配システム」(以下、同宅配システム)による実証実験を、横浜市若葉台団地…

詳細を見る

三菱電機、AIを活用した下水処理場向け曝気量制御技術を開発

2020.01.27

三菱電機、AIを活用した下水処理場向け曝気量制御技術を開発 はコメントを受け付けていません。

目標とする水質の実現と電力消費量削減を両立2020年1月22日、三菱電機株式会社は、下水処理に必要な酸化処理を行う生物反応槽への流入水の水質(アンモニア濃度)を高精度に予測することにより、生物反応槽への過剰な曝気(ばっき、空気供給)を抑制す…

詳細を見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ